PEOPLE

Special Interview vol.11 JUN aka Twiggz/DANCER・Choreographer

2016.07.28

毎回、JADEにまつわる人やモノをフィーチャーする『JADE web magazine』。今回は、日本のKRUMPの創始者の一人でもあり、JADEのアドバイザーとしてブランド立ち上げ時からJADEのシューズ制作に深く関わるJUN aka Twiggz氏をゲストに迎え、今月発売となるコラボレーション・シューズについて話を聞いた。

- いよいよ、コラボレーション・シューズが発売になりますね。




JUN そうですね。JADE原宿店の立ち上げ当初からアドバイザーとして関わらせてもらっていてたり、JADEのPVのプロデュースをさせていただいたりしていて、本当に繋がりが繋がりを呼んで、こういう素晴らしい機会をもらうことができました。ダンサーをこうやってサポートしてくれる企業ってなかなかないので、足元に特化して、なおかつ、スゴく協力的なサポートをしてくれるのは本当にうれしいですよね。ダンスだけではなく、自然にライフスタイルに落とし込むことができるものを「Made In Japan」というかたちで新しい提案をしてくれるブランドということで、こうやって関わらせていただいています。




- コラボ・シューズを作るきっかけは?


JUN 今までは僕がダンサーさんをフックアップする機会が多かったんですけど、JADE原宿店が今年3周年というタイミングで、僕と何かをやりたいとJADEさんが言ってくれたのがきっかけです。実は、このコラボレーション・シューズのベースになった「TOP MASTER」というモデルが一番最初に出た時のPVに僕も参加させてもらっているんです。




- この靴を作るにあたってこだわったところは?


JUN あんまり大きく見えないように全体に黒を使いながらも、真っ黒だけだとつまらないので、グレーっぽい黒との配色のバランスを取りながら、黒の迷彩もさりげなく入れました。足元を輝かせるゴールドを使いたいという想いもあったので、僕のやっている社団法人のロゴをゴールドの刺繍で入れさせてもらいました。刺繍や縫製のクオリティーにかなりこだわったので、JADEさんは大変だったと思います(笑)。あとは、中敷にもロゴを入れたり、さりげなくサイドにダンサーさんをサポートするような言葉を入れたり、細かいところまでこだわらせてもらいました。




- JUNさんが普段靴を選ぶ時のポイントは?




JUN その時のブームみたいなのは多少は抑えるんですが、基本的には重たくない靴が好きですね。あとは、僕は中敷を重要視しています。JADEさんは意外と中敷にも力を入れてくれていて、僕もアドバイザーとして、ダンサーは足の裏とのフィット感にスゴくこだわるんですよって話をさせてもらっていたので、その部分もかなりうれしいですね。




- このコラボレーション・シューズを手にする人に見てもらいたいところは?




JUN やっぱり、ディテールはもちろんなんですけど、さりげなくこだわってる部分を、少しでもカッコいいと思ってもらえたらスゴくうれしいです。もちろん、ダンスのレッスンとかでも履いてほしいですけど、この靴を履いてる人を街中で見れたらうれしいですね。




- 今後のJADEに期待することは?




JUN その時に流行りもあるとは思うんですけど、キックス好きのすべての人の家にJADEがあったらうれしいなと思ってます。前にジャスティン・ビーバーが買っていったり、海外の人のウケがスゴくいいので、日本のブランドとして、より日本人に浸透していってほしいなと思います。



Photo & Text by Jesee Kojima

RELATED MAGAZINE