REPORT

Event Report vol.11 SORA & AKI 1 Day Staff & Workshop

2017.04.08

3月25日(土)に開催された原宿店4周年イベント第3弾には、ダンサーのSORAとAKIが登場。今年に入り原宿店にて、6月まで毎月1回スペシャルレッスンを開催し、JADEファンにもお馴染みのSORA。そして、JAPAN DANCE DELIGHTのファイナリスト、MOV SISTARを始め多くのステージで活躍するAKI。この2人によるイベントが行われた。

SORAとAKIによる、1day staff!




「僕は足首が動かしやすいシューズが好きなので、ローカットのデザインを選ぶことが圧倒的に多いですね。そんな中でも今日履いているJADEのスニーカーは、軽さと同時につま先の強度があり、僕のダンスにピッタリのスタイル。ベージュという落ち着いたトーンなんだけど、スニーカーとして珍しい色使いも気に入っています」(SORA)




明るくて元気なAKI、物腰の柔らかいSORA。この日、JADE原宿店に遊びに来てくれたお客さんは、2人のキャラクターを感じる接客スタイルを楽しめたはず。ショップ内に流れる音楽に合わせて、時折SORAがステップを見せたり、AKIは接客の合間に自分好みのシューズを見つけ試着を繰り返すオシャレピープルぶりを垣間見せたりと、リラックスした雰囲気。





「普段からいろんなファッションをしていますが、今日はストリートカジュアルな感じ。足元にビビッドな赤を持ってきて、足元が目立つスタイルにしました。靴が大好きなので、時にはその日のコーディネイトを靴から決めていくこともあります! 」(AKI)

AKI’s Workshop




「私自身の自己紹介もしつつ、参加してくれる人の雰囲気に合わせて、リラックスした楽しい時間にしたい」と語っていたAKIのワークショップがスタート。ストレッチ〜アイソレーションの間にも、積極的に参加者に声をかけていくAKI。当初は緊張気味だった、姉妹で参加のキッズダンサーもAKIの元気に引っ張られるように段々と笑顔でダンス!





この日のAKIは、“リズムキープ”の大切さをテーマに進行。ランニングマン・チャールストン・クラブステップなどベーシックなステップでも、リズムの取り方で変化をつけ、リズムキープをしっかり出来ることでカッコイイダンスになることをレッスン。「基本スパルタなレッスンが好き」というAKIの言葉通り、楽しい中にも熱気あるワークショップとなった

SORA’s Workshop




まずは挨拶替わりにSORA & AKIの2人のショーケース!!
普段からソウル〜ネオソウルをよく聴いているというSORAのレッスンは、ヒップホップからソウルまで幅広い楽曲を使用していた。




SORAが参加者に伝えたかったのは、“ビート・音を感じて、自分を表現すること”。ヒップホップの基礎的ステップのレッスンと同時に、ちょっとした動きや表情で自分らしさをプラスしていく。





この“ビートを気持ちよく感じて、自分らしさを出す”ためにも、SORAはソウルを始め、ジャンルレスな音を選んでいるのだろう。レッスンが進み、振付になっても決して型にはめ過ぎないSORAスタイル。6月24日までJADE原宿店では、そんなSORAのスペシャルクラスを引き続き楽しめる。

RELATED MAGAZINE