PEOPLE

Special Interview vol.23 Hands Up!!!! feat.HI-FI

2017.04.15

JADEのSeason lookやWEB MAGAZINEでのインタビュー、また、ショップでのイベントなどにも登場してくれているHi-Fiのメンバー達。ダンスはもちろんのこと、歌や芝居、はたまた裏方的仕事まで自分達で手掛けたイベント『Hands Up!!!!』をスタートさせたメンバーにスペシャルインタビューを敢行した!

- イベント『Hands Up!!!!』とは?


Soichiro 僕らは去年に、鳥取砂丘から代々木公園まで自転車で旅をするということからスタートしたグループで、その後いろいろなイベントなどに参加したり、自分達で企画したりしています。そして、昨年9月に代々木で開催したイベントからの流れで、自分達で演出なども手掛けるイベントとして、この『Hands Up!!!!』をシリーズ化していくことになりました。


Kaji リハーサル中も、誰かが抜けて、全体の雰囲気をチェックする感じでした。客観的に見て意見するのも自分たちだけなので。あとは舞台で流す映像の編集もやってました。


YU-TA 今回が1回目のイベントなんですが、始まる前から予想していなかったようなハプニングが続出でした。そんな中でもお客様からの反応良くて、とてもやりやすかったです。この舞台は、お芝居もあり、長いセリフに苦戦したりした部分もありましたが、得意のダンスで盛り上がったのでホッとしています。お芝居では、Hi-Fi結成前の僕らを紹介したいなと。自分たちの学生時代の映像などを流しながら演技したり。そして、学生服を着て自分たちの楽曲『Hands Up!!!!』を披露したりもしています。


Fumiya 今回は、今までよりHi-Fiの"味"を見せられたんじゃないかなと思いますね。

自分のバックグラウンド。影響を受けた人・モノ・コトetc.

Soichiro ダンスでいえばTAKAHIROさんやケント・モリさんみたいに、世界を舞台にエンタテインメントの大きなステージで活躍している方々を尊敬しています。

Fumiya 影響を受けている人はいっぱいいるんですけど、日々刺激を受けるのは同性代の身近な仲間なんです。ジャンルは関係なく、いろいろなシーンで活躍している、同じ歳でいろいろ言い合える奴らの存在が大きいですね。

YU-TA 僕がエンタテインメントとして一番意識しているのが、“お笑い”です。もちろん、ダンスのカッコ良さも大事なんですが。その“お笑い”の部分で一番影響を受けたのがザ・ドリフターズです。ドリフのコントにおける、“間”“構成”などは、シンプルなのにすごく練られていて、それは世代を超えて愛されている。僕は、多くの人が楽しいと思ってくれることをしたくて……。そこにダンサーである俺らでしか出来ないことを入れていくことを目指したいなと。

Kaji 僕がダンスを始めたキッカケは、ジャニーズ事務所の皆さんがバック転とかをしているのを見たからなんです。今でもエンタテインメントを追求していった先にあるもののひとつは、ジャニーズの世界なのかなと。また、全然テイストが違うのですが、僕が中学生の頃に大好きだったのが福山雅治さん。Hi-Fiを結成してから、福山さんを意識してギターを始めました。いつかイベントでギターも披露出来たらいいなと。

メンバー、それぞれの役割&印象 - Kajiについて

Fumiya お兄さんタイプですね。

YU-TA 冷静。そして、クールビューティボーイ(笑)。

Fumiya 最近の女性がキラキラと思う、男子像。

Soichiro 美意識高いですね。あとは妥協しない感じ。

YU-TAについて

Fumiya リーダー的存在……というか実際リーダーなんですけど。最終的な判断を任せられる人。

Soichiro 責任感が強くて、面倒見がいいですね。そして、細かいフォローもしてくれる。

Kaji 体を張っている(笑)。他の3人とは違ったスパイスを持っていて、グループとしてキーポイントになっていると思う。

Fumiya 七味だ!

Fumiyaについて

Kaji 若い!

YU-TA 若い(笑)!

Soichiro 若い(若)!

YU-TA いや、その若い勢いがHi-Fiには大切なんだと思う。

Soichiro そして、いろいろな情報が早い!

Fumiya 俺、新しいものには敏感ですよ。

Soichiroについて

YU-TA どうしょうもないっすね(笑)。

Fumiya 幸運……いや悪運!? というか、“持っている”というか……。

Kaji いつもニコニコ楽しそうだよね。本人に自覚はないけれど、ギリギリで何でも切り抜けていて、なんだかんだ強者かも(笑)。

ファッションへのこだわり。

Fumiya ステージの上では、“THE衣装”みたいなファッションでいきたいなと思っています。いつかは、自分がステージでのメンバー全員の衣装をスタイリングできたらといいなと。プライベートでは、シーンに合わせたファッションを楽しむようにしています。最近だとファストファッションにラグジュアリーな小物を合わせたり。ファッションも自己主張のひとつみたいなものですから、トレンドを追うという意味ではなく、自分らしいお洒落を身につけたいですね。そして、今日は、ステージ映えする、インパクトのあるJADEのエナメル×ヒョウ柄のシューズを選びました。

Soichiro 「これ、いつ着るの?」っていうような派手なモノが好きです。で、コーディネイトのバランスとかあんまり考えてないで“その日の気分”で着たいものを選んでいくので、メンバーからは「まとまりがない」ってよく言われます(笑)。そんな中で、今日はJADEのシルバーのスニーカーを合わせました。上品なデザインだけど、シルバーで足元が主役の存在感がいいなと。僕は、昔チームでハウスを踊っている時もJADEの靴履いてましたから、踊りやすさは太鼓判です!

Kaji 僕はソウちゃんとは真逆でシンプルなファッションが好きですね。シンプルな中にワンアクセントが入るようなスタイル。ジャケットの中のインナーに少しだけ柄ものをプラスするとか。今日のシューズも一目でこのスエードのレースアップシューズに決めました。プライベートでも、JADEの靴は愛用していて、1足は履き潰してしまったくらいです。マイケル・ジャクソンみたいにレザーシューズでダンスするようなスタイルの時、JADEは最高ですね!

YU-TA 僕は、普段はレザーやデニム、カモフラなど野性味があるファッションが多いですね。そんな格好に合わせるシューズならやっぱり男っぽいデザインが好きですね。今回もJADEのレッドパイソン×ゴールドパーツのインパクトあるスニーカーをイベント用にチョイスしました。




今後の予定について

YU-TA まず、イベント『Hands Up!!!!』を今回の3月に続いて、6月・9月・12月と開催していく予定です。あとは、僕らのスタートである、チャリンコ企画は続けたいなと。具体的な企画はこれからですが、チャリンコを使って他の人達がしない面白いこと、多くの人の記憶に残ることをやりたいと思っています。

RELATED MAGAZINE