PEOPLE

Special Interview vol.29 SHETA part-2

2017.12.11

ストリートカルチャーをPOPなイラストセンスで描いていくアーティスト、SHETA。インタビュー後半は彼の名前を一躍有名にしたリップスライムとの仕事のほか、アーティストとしてのキャリアを語っていく。そして、いよいよ描き下ろした、JADEのスニーカーのイラストも公開!


- いろんな人と出会った後に、いよいよ"プロ"としての活動が始まるのかな?


SHETA 独立と同時にリップスライムさんからお仕事をいただきました。



- そのキッカケは?


SHETA リップスライムのPESさんはサーフィンが趣味なので、友人繋がりでだいぶ前に紹介されたことがあったんです。それ以来、僕の絵の展示会に何回か来ていただいたりしていて。PESさんも含め、いろいろな知り合いの方に僕から「何か描かせてください」みたいな連絡するのは嫌で、自分のレベルを認めてもらって、必要とされて仕事をしたいなと。で、当時はインスタにいろんな絵をアップしている中で、PESさんから「正方形という形の中に、一番インパクトのある絵を描くのはSHETAくんしか思いつかなかったんだよね」と連絡をもらったんです。それがキッカケで、リップさんのCMソングのジャケット、ツアーグッズ、リップとG-SHOCKコラボのレコードジャケットなど色々描かせてもらいました。

- その他、どんなクライアントさんのオファーがあったのかな?

SHETA 『MILKFED』さんは、僕の描いていた作品から「これを使いたい!」と言ってもらって、うれしかったですね。僕の絵をアートとして認めてもらえたと実感した瞬間ですね。『MILKFED』さんのディレクターさんからリクエストをいただいて描いた作品もありますけど。あとは『Kiehl’s』さんのチャリティーキャンペーンのお仕事もさせてもらいました。通常は、1年の中で前期・後期と2人のアーティストを起用するようなのですが、僕には1年両方を合わせて、“さくら”をテーマに何かストーリーを作って欲しいとオファーをしていただきました。『Kiehl’s』さんとは、その後ブランド誕生165周年のキャンペーンのコラボレーションでも声をかけてもらいました。その他にも、『Kiehl’s』さんの起用するアーティストは、僕の憧れであるKAWSやエリック・ヘイズとか錚々たる名前が並びますからね。本当にうれしかったです。

- BABY-Gのイラストは?

SHETA これは、青山テルマさんが手がけているフリーペーパーがあって、その中での『BABY-G』の企画です。このお仕事は、メールでなんですけど、テルマさんご本人からご連絡があったので印象に残っています。他のお仕事では、『タコベル』の日本上陸1周年の記念Tシャツ、某有名タレントさんのブランドのイラストは何度も描かせてもらっています。

SHETAが描き下ろした JADEのスニーカーはコレ! 「TOP MASTER」

- 最後に今回のJADEスニーカーの描き下ろしについて聞きたいなと。SHETAらしさというか、デフォルメ感満載の作品ですね。

SHETA そうですね。デフォルメとPOP、そしてスケーターの僕がJADEをストリートのフィーリングで描くというのがポイントです。僕のバックグラウンドであるスケートや音楽、DJとスニーカーは切っても切れない関係だと思うので、これまでもいろいろなスニーカーをモチーフにしたイラストを描いてきましたけど、今回は楽しかったですね。スケートボードのグラフィックも自分っぽいなと思っていますし。ちなみに、僕は朝型人間なので、朝イチからお気に入りの音楽をガンガンにかけて、スニーカー&スケートボードを描いていきました。


- 今後描いてみたい絵は?
SHETA 大きいピースの作品を描きたいですね。あとは、自分の原点であるグラフィティのスプレー缶のタッチを、今のスタイルに取り入れることもやってみたいなと思っています。

Profile / SHETA(シータ)

湘南出身。親しみとユーモア溢れる作品を色鮮やかさと大胆かつ力強い線で表現するアーティスト。誰もがHappyで笑顔になれるPOP ARTを創り続ける。 グローバルブランドとのコラボレーションやミュージシャンなどのグッズのイラストを描き起こすほか、ディスプレイデザインやCDジャケットなどのアートワークも手掛ける。

RELATED MAGAZINE