STYLING

STYLING vol.18 Neo Lock Style

2017.12.13

今、「Lock」を踊る時に、オールドスクールな当時のファッションのままだと、昔のレジェンド達の焼き回しのようなスタイルになってしまうのかも。着こなしやシルエットでの“今っぽさ”、またリアルなダンサーのための“機能性”を兼ね備えたスタイリングをスタイリスト 田崎健太郎が提案!

ダンサーにとっての"動きやすさ"のポイントとなるパンツは、ストレッチ素材を採用したワイドシルエット、裾も絞れているデザイン。Lockダンスの動きのカッコ良さを見せるには、この裾が絞れているというのが大切。裾が絞れているダボダボ感で、パンツでも動きを出す。小技としては、イージーパンツのヒモをルーズに垂らしていることで、このヒモも動きを演出。


シャツは比翼タイプでプリーツデザインをチョイス。リネン混で軽く柔らかい素材感はダンサーにピッタリ。マルジェラのベスト&蝶タイでドレッシーな雰囲気。

Lockスタイルにマストなハットでも、ブリム大きめ&デニム生地、レザーのリボンで"今"なスタイルに。

シューズ_「P.L.GEAR WING–TIP/JD5510-BLAOWH」¥14,000(+TAX)_JADE
シャツ_ILIAD
ベスト_Maison Margiela
パンツ_Iroquois
ハット_ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ブラック×ホワイトの2トーンのエナメルコンビシューズ。このP.L.GEARシリーズは、ロックダンスやポップダンスを踊るダンサーに向けてデザインされたモデル。レザーシューズでありながら驚きの軽さ、つま先での動き、滑らせやすさを約束するフラットソールなどこだわり満載。また、インソールにはクッションインソールとムーブインソールの2種類が用意され、幅広いシーンでの着こなしに対応する。

RELATED MAGAZINE

RELATED STYLING