NEWS

PEOPLE

Special Interview vol.32 Kentaro Tasaki /STYLIST

2018.01.17

今回クローズアップする田崎“Kenney”健太郎(以下、Kenney)は、ファッション誌の表紙に、小栗 旬やHIRO(EXILE)、土屋アンナといった錚々たる面々を起用しての撮影の時、スタイリストとして参加していた。 しかし、俳優やアーティストのスタイリングは、彼らのキャラクターを重要視するものであるし、雑誌のファッション撮影も企画ありきのもの。ある日、彼の豊富な引き出し=独特の感性を知った時、彼自身のルーツに迫った


「元々中1〜中2の頃からダンスをしてたんです。その前はスケートボードをやってました。周りには、スケボーを通じて知り合ったインターナショナルスクールに通う友達がいて、彼らを通じてリアルなアメリカのカルチャーを知りました。ダンスは、完全にDADAやDANCE DANCE DANCEといったダンスのテレビ番組とZOOの影響ですね。時代的には、 MCハマーやボビー・ブラウンが圧倒的な人気を誇っていた頃。高校は都内の私服通学OKの学校で、そこのダンス同好会に入りました。バイトしたお金で洋服買って、毎日オシャレして学校に行ってました」



中学卒業と同時に髪の毛をドレッドにしたというKenneyは、高校時代にストリート系雑誌の読者モデルとして人気を博す。当時の彼は、日焼けしてPOLOやGUESSを着る、典型的な90'sのBボーイスタイル。そんなKenneyのような渋谷にいる"イケてる男のコ"を集めたグループで売り出そうという話が持ち上がり、男性4人組ユニット"S.D.B.B."の一員としてメジャーレコード会社からデビュー。そして、そのグループのスタイリングを担当していたのが、後のKenneyのスタイリストの師匠となる坂崎タケシ氏である。坂崎は、GLAYやケツメイシなどを手がける敏腕スタイリスト。Bボーイスタイルのみならず、古着なども含めファッションが好きだったKenneyは、グループ活動中、坂崎を通じてスタイリストという仕事に興味を持つ。



「"S.D.B.B."としての活動は2年間くらい。僕が辞めたいと言い出したことがキッカケの解散でした。その後、しばらくバイトしながらバンド活動してた時に、坂崎さんと再会したんです。スタイリストの興味があると伝えた時には、"お前は表舞台を知っているから、裏方は無理だと思うよ"と言われたんです。でも、自分には芸能人は向いてないなって」



22歳の時に、坂崎タケシに師事し、26歳には独立。その後の10年は、俳優やミュージシャン、あるいは様々なファッション誌、広告など無我夢中で仕事に没頭した。そして、自分自身を"スタイリストはこうでなくちゃいけない"という枠に押し込んでいたと言う。そんなKenneyが仕事へのスタンスを変えたのが5〜6年前。キッカケは、沖縄をベースにした子育てで、沖縄と東京を行き来する生活スタイルを始めたことだった。


「自分の仕事は、もちろんファッション業界やファッショントレンドといった中で動いていることではあるんだけど、僕自身が好きな1点もの、デッドストックという世界観も表現したいなと思っている。大量生産ではない、アートに近いニュアンス。これは、どちらかと言うとスタイリングではなく、モノ作りという方向ですが」

今回、そんなKenneyが、JADEのスニーカーを履き、2体のコーディネイトを組んでくれた。

まずは、カラフルな色使いでストリートのエッジが効いたスタイリング。ポイントは、92〜93年当時のPOLOのアイテム5枚を自身でリメイクしたカットソー。

「僕はPOLOのコレクターなんで(笑)、当時を知っているダンサーはヤバイなって思うんじゃないかな。で、去年ラルフローレンがオリンピックのユニフォームをデザインして25周年、ブランド創立50周年を記念して、復刻アイテムを発売したんです。その記念アイテムのブルゾンを合わせました」。

もう1体はモノトーンな色使いをベースにした、ハイカジュアルなスタイリング。「こちらもパーカは、POLOの50周年記念アイテムです。ただ、スポーティーなのはインナーだけで、あとはシックな大人っぽい感じをチョイス。パーカも1枚で着ると結構派手なんで、ナイロンコートでインナーの色を抑えて、モード&アーバンな雰囲気に仕上げています」

“Kenney”Kentaro Tasaki
1977年、東京・世田谷出身。
高校時代より HIPHOP, R&B ダンサーとしてアーティストのバック、ツアーダンサーを務める。また、ストリート系雑誌の読者モデルの先駆けとしても活動。1997年、男性4人組ユニット"S.D.B.B."としてポニーキャニオンよりCDデビュー、計5枚のシングル発売。スタイリスト・坂崎タケシ氏に師事。2006年に独立、フリーランスのスタイリストとして、俳優・女優・歌手・ファッション誌・CM・広告・カタログ等、オールジャンルに活動し、現在に至る。
https://k-tasaki.amebaownd.com

“Kenney”Kentaro Tasaki 着用モデル!

RELATED INFORMATION

RELATED MAGAZINE