PEOPLE

Special Interview vol.33 MIHO / Beautiful Sail Producer

2018.06.15

ストリートカルチャー界で、様々な自己表現を行なっているインフルエンサー5組をピックアップして、自身のライフスタイルとJADEとの関わり方を世の中に発信していく"JADE FIVE PROJECT"。


そんな新しいJADEのパートナーが、どのようなライフスタイルを送り、ストリートカルチャーやJADEに関わっているかを紹介。


今回は、SNSで話題のセレクトショップ"Beautiful Sail"のプロデューサーであり、世界で愛読されているファッション雑誌「NYLON」が運営するNYLON JAPANのオフィシャルブロガーとしても活躍しているMIHOが登場。



自身の活動からInstagramに載せているJADEの話まで、彼女のライフスタイルに迫った。

ストリートカルチャーと海が好き! MIHOのルーツとは?

原宿にあるハワイアンカフェでMIHOと待ち合わせ。健康的な小麦色の肌で現れたMIHOは、仕事でハワイに行っていたようだ。

日本とハワイを行き来する生活を送っている彼女は、NYLON JAPANのオフォシャルブロガーとして同年代の女性から絶大な支持を集めており、自身のInstagramも多くのファンが彼女のライフスタイルに憧れと共感を示している。
そんなMIHOが、3年前からプロデュースしているセレクトショップ"Beautiful Sail"。彼女に立ち上げた理由を聞いてみると

「元々ファッションが好きだったのもあって、NYLONブロガーとして情報発信していくうちに、自分でファッション関係のことをやりたいって思うようになったんです。海とストリートカルチャーも好きなので、読者の女の子と自分がいいなと思うものを発信したいと思って始めました。最初は水着とか販売してましたね。好きで始めたので、自然にやり始めた感じです。」

そう話すMIHOは、幼少から海が好きということもあり、ハワイや沖縄など国内外の海に家族で行くことが恒例行事だったのだとか。都内出身だったからこそ海への憧れは人一倍強かったのだという。
さらに、ストリートカルチャーも好きと話す彼女に、ストリートカルチャーに魅力を感じ始めたキッカケを聞いてみると、意外な人間性がわかるエピソードを話してくれた。

「映画を観るのが好きなんですよ。特に海外の映画とかって、今まで自分がみたことないような世界観を知れるじゃないですか。海外に対しての興味が強かったというのもあるんですけど、ファッション・表現の仕方・個性の出し方とか、東京とは違うところに面白さを感じてました。


ストリートカルチャーに興味を持ったのは映画と、あとは主人から受けた影響が大きいです。
『ジュース』『ボーイズ'ン・ザ・フッド』『ストレイト・アウタ・コンプトン』を観た時は、HIPHOPカルチャーやファッションに衝撃を受けましたし、サーフィン映画だと『マーヴェリックス 波に魅せられた男たち』というリアルなサーファーの姿をドキュメントにした作品では、サーフカルチャーにも憧れを抱くようになりましたね。
ひとりで映画を観ているときは知らなかった当時の時代背景のリアルなエピソード、音楽、流行していたものなど、それらのカルチャーに精通していた主人から色々と見聞きするうちに、さらに興味が深まりました。」

女性らしいキレイな顔立ちでありながら、興味や憧れを抱くのは、ストリートカルチャーやサーフカルチャーという男性のイメージが強いものだったという。「男の子が主人公の映画ばかりで、女の子が主人公の映画はあまり観ない」と話す姿は、確かに少年っぽい無邪気さも感じさせる。

リアルなコーディネイトを発信したい!

そんなMIHOのInstagramの写真を見てみると、levisのジャケットにJADEのシューズを合わせたストリートを感じさせるファッションに目がいく。単純にかっこいいのだ。


そんな彼女が、今回"JADE FIVE PROJECT"のメンバーになり、JADEとコラボすると聞いたとき、純粋に嬉しかったという。


「NYLON JAPANでJADEが紹介されてたので、スニーカーを出しているブランドだというイメージはありました。ダンスをしている人が履いているシューズブランドという認識だったので、ストリートカルチャーのアイテムを出しているブランドにこうやって一緒にやりましょうって言われるのはすごく嬉しかったです。」

自身のInstagramにはファッションを中心に、日々の日常が伝わる写真を投稿していると話すMIHO。海やファッション、ストリート感を自分らしく映し出しているのがMIHO流のInstagramのようだ。
そんな彼女にInstagramにどのようなJADEシューズの写真を載せているか聞くと

「他のJADE FIVEのメンバーは、ダンサーとかフォトグラファーがいて、自分の個性を打ち出した写真を投稿しているので、私はコーディネイト中心で写真を投稿しています。スニーカーって可愛くてもどうやって履いていいのかわからないって方が多いと思うんです。なので、普段の生活とか遊びにいく時にこうやってコーディネイトするといいよっていうのを発信してますね。
意識してるのは、リアルさと取り入れやすさです。雑誌とかで見るコーディネイトって雑誌だからできるよね? みたいな部分もあると思うんですよ。これで外歩かなくない? って自分でも思う時あるので、本当に誰もが持ってるようなファッションアイテムに合わせやすいコーディネイトを考えて投稿してます。」

MIHO Favorite 「SPARKLE」(JD7123-BLA)

Instagramだからこそできるリアルなコーディネイトを発信しているMIHO。
特にお気に入りのJADEシューズとして愛用しているのが『SPARKLE JD7123-BLA』だ。

「どんなファッションでも着回しがしやすいので、よく履いています。あと、履き心地が最高です。私、ダンスは未経験なんですけど、普段移動の時とかたくさん歩くので、よくスニーカーを履くんですね。履き口の後ろの部分が低い新品のスニーカーって、かかとの裏が擦れて痛くなるんですけど、このシューズは全然痛くならなかったです。擦れるの覚悟で絆創膏持ち歩いてるんですけど、使わなかったですね(笑)。」

"JADE FIVE PROJECT"をキッカケにJADEのシューズを履くようになり、今では愛用のシューズとして自身のファッションに取り入れているMIHOに、さらにコーディネイトについて聞くと

「ジャンル・性別問わず誰でも取り入れやすいので、レギンスみたいなスポーティーな感じもいいし、ワンピースでも可愛いと思います。クロップドフーディーとかも合うと思いますね。よく、ディズニーランドとかレジャー施設にいく時だけスニーカー履く人もいるじゃないですか? 可愛さとスポーティーを共存したいシチュエーションでも使えると思いますよ。」

今後は、ハワイにステイしていた際に撮りためた写真や日常の写真を中心にInstagramに投稿したいと話すMIHO。その写真には別のJADEシューズを使ったものもあるのだとか。さらに、女性らしくネイルとシューズを組み合わせた写真も計画中だと、楽しそうに話していたのが印象的。

"JADE FIVE PROJECT"のメンバーとしてやりたいこともあり「お客さんと一緒に交流できる企画をやってみたい。スタイリングもやってみたいです。」と、今後企画にも参加したいと話していたMIHO。

自身について聞かれると

「Beautiful Sailを知ってもらいたいのもありますけど、歳を重ねていく上で自分も読者層も変わっていくので、発信する立場を意識して、その時の自分を発信していきたいです」

と、語ってくれた。

ストリートカルチャーと海を愛し、自身を発信するMIHOのライフスタイルに触れてみてはいかがだろうか。

RELATED MAGAZINE